リスク・デメリット

クレジットカード現金化の悪徳業者の手口・予防方法まとめ

投稿日:

悪徳業者の不正利用

クレジットカード現金化はカードのショッピング枠さえあれば、例え多重債務者の人でも使える現金取得方法です。

クレジットカード現金化業者は、多数の業者が営業しておりますが中には詐欺まがいの業者や個人情報を売買している悪質な業者も存在しております。

悪徳業者の手口は非常に狡猾で知っている人であっても騙されてしまうケースがあるほどです。

そんな中に、手口も対策も知らないで利用してしまえば多額の現金を騙し取られてしまうことになるでしょう。

少しでもリスクを減らすためにも、対策を理解しておくことが重要です。

クレジットカードの犯罪の手口を知り、予防・回避を

悪徳業者への対策

クレジットカードの不正利用によるトラブル・被害が相次いでいる中、クレジットカードを所有者は”自分にはさほど関係がない”、”自分が被害に遭うはずはない”と考えている方は意外にも多いようです。

事件が起こる可能性は低いとはいえ、カードを所持している以上はいつ起こってもおかしくないのですから、事前の予防対策・回避対策をしっかりとしておくことが必要と言えるでしょう。

このページではカード被害を避ける/防止するために覚えておいて欲しい知識についてご紹介します。

クレジットカード情報の管理を徹底

クレジットカード情報の管理を徹底

個人情報の管理徹底はクレジットカード所持者にとって当たり前のことです。

万が一個人情報が他人に漏れた場合、カードの不正利用名前を騙った不正契約等で大きな被害を受ける可能性もあります。

クレジットカードの契約には氏名・年齢・住所・電話番号といった基本情報以外に、カード使用に必要となる暗証番号が必須になりますが、この暗証番号をすぐに思いつく番号にしてしまう方がまだまだいらっしゃるようです。

特に多いのは形態の番号下4桁やカード持ち主の生年月日で、暗証番号を推測するときにまっさきに検索される情報となっています。

個人情報ではありますが、多少関係がある間柄であれば生年月日や電話番号の入手は容易であるため、一番防止効果の低い暗証番号となるのは言うまでもありません。

金融機関では極力これら予想が容易な番号を暗証番号とすることを避けるように注意喚起を呼びかけています。

セキュリティ面が強化されたカードにはICチップが埋め込まれたものがあり、カード所持者本人以外知らない暗証番号を設定することで、所持者以外がカードを使用できないようにとの対策が施されています。

単にカードを使って名前を記入してもこのICチップによる認証が上手くいかなければカードを使用できないため、クレジットカードを発行するときはこのICチップの有無についても調べておくとチェックしておくといいでしょう。

セキュリティが強化されたICチップ付きクレジットカード

ICチップ付きクレジットカードのイメージ

ICチップが埋め込まれたクレジットカードはICカードと呼ばれ、お客の個人情報の保護・セキュリティ面の強化という点から、多くのクレジットカード会社がICカードへの移行を勧めています。

ICカードはスキミング防止にも筆役買っているセキュリティパーツなので、使用に不安を感じたくないとお考えの方にはこのICカードを強くオススメします。

ICチップにはカード所持者の情報がインプットされていますが、スキミング等の行為で解析することが難しく偽造も困難であることから、クレジットカードを初めて持つ方にも安全性の面から推奨されています。

ICチップ搭載のカードを発行しているのはオリコカードや三菱UFJ、さくらカードなどがあります。

ICカードがセキュリティ面で優れている理由としては、今までのカードでは磁気カードと呼ばれているもので、磁気情報を読みとる事でカードの情報を取り出していたのですが、この磁気カードには沢山の情報を入れる事が出来ませんでした。

文字数で言えばだいたい72文字程度と考えて下さい。これぐらいしか情報が入りませんのでセキュリティの暗号なども少ししか入れる事が出来ずにすぐにスキミングされてしまいます。

しかし、ICカードだと磁気カードの400倍情報が入ります。

その分暗号を複雑にする事も可能なのでセキュリティ面に優れているのです。

クレジット情報を渡さないよう注意!

クレジットカード情報を渡してしまわないように注意

いくらセキュリティを強くしたからといって、自分で悪徳業者に情報を渡してしまえば水の泡です。

取引には必要だと言ってきて、クレジット情報を要求してくる悪徳業者もいますが絶対に渡さないでください。

現金化業者がクレジットカード情報を必要とすることは一切ありません。

渡してしまえば、クレジットカードの不正利用に使われてしまうでしょう。

例え、悪徳業者でなくてもたまに信頼関係の構築のため要求してくることもありますが、はっきり言ってその業者は利用者のことを何にも考えてません。

優良業者であれば、利用者の不安を考えてそのような手段に出ることはないでしょう。

要求してきた瞬間、その業者との取引はしないのが賢明です。

カード情報を盗られてしまえば、あなたのショッピング枠を全て使われてしまいますよ!

悪徳業者の後乗せ手数料

悪徳業者の後乗せ手数料に注意

クレジットカード情報が抜かれてしまうのも大変なことですが、それだけではありません。

取引の際の換金率虚偽の数字を提示し、後日になって差っ引いてくる悪徳業者もいます。

現金化業者の換金率表は税抜き表示となっていますので、違法な行為ではありませんが理想としている金額での取引は絶対に出来ないでしょう。

悪質なところだと、事前に95%と提示しておきながら取引の直前になって手数料40%かかると言われる業者もあるほどです。

このような業者を利用すると換金率50%~60%といった数字で取引が当たり前となってしまいます。

考えられないほどの高換金率での取引を提示してきた場合には注意が必要です。

この換金率は現実的にあり得る数字なのかを考えて行動しましょう。

結論

悪徳業者についての結論

様々な場所で悪徳業者の罠は仕掛けられています。

悪徳業者でなくても、多くの現金化サイトには誇大広告が乗せられており、「騙された!」と感じることもあるでしょう。

このような被害を受けないためにも、対策をしておくことは非常に大事です。

対策を練り、その上で間違いのないように優良業者を利用するのがもっとも安全な方法ではないでしょうか。

クレジットカード現金化口コミで選んだ理想の優良店】では、私の5年間のノウハウを活かして、ユーザーの声と共に選び抜いた厳選優良業者TOP6を掲載しています。

2016年最高の優良業者であることは間違いありませんので、是非参考にしてください。

-リスク・デメリット
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化口コミで選んだ理想の優良店【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.