クレジット現金化の顧客情報の管理はどうなっているのか

クレジット現金化を利用した顧客情報の価値

 

クレジット現金化の顧客情報の価値
クレジットカードのショッピング枠現金化を利用する場合に必ず必要となるのが利用者の個人情報になります。
現金化の換金方法にもより異なりますが身分証明書、クレジットカードから銀行口座、携帯電話番号までほとんど全てといっても過言ではないほどの情報を提示しなければなりません。
個人情報というのは名簿業者により売買される商品価値のあるものというのはご存知でしょうか?
個人情報の商品価値を充分に理解した上で取り扱わなければいけませんよ!

 

実際に起きた顧客情報流出事件

顧客情報の実際に起きた事件
最近のニュースでも話題となっている通信教育の大手ベネッセホールディングスから顧客情報が漏洩していた問題で、顧客データベースの保守管理を任されていた下請け業者の派遣社員システムエンジニアがおよそ2000万件の子供の個人情報を名簿業者にコピーし転売したとして取り沙汰されました。
その金額は数千万円とも言われ個人情報の価値というものに驚かされます。
このように取引された顧客情報はどのように利用されるかは全くわかりません。
なぜなら名簿業者が買取った顧客情報をそれを必要としていそうな企業に売ることになるのです。
クレジットカード現金化の顧客情報も債務者の顧客データやクレジットカードの顧客データとして売買することは難しいことではありません。
しかもこれだけの個人情報が揃っていれば悪用することは簡単です。
あくまでも推測の範囲ですがクレジットカードの情報があるのでなりすまし行為や偽造カードはすぐに作れてしまうだろうし、もしかしたら闇金からお金を借りられてしまうのも可能だと思います。
そのように悪用されてしまった場合、クレジットカード会社に現金化の利用がばれるのを恐れ泣きつくことできませんし、闇金は問答無用で返済を待ってはくれません。
このようにクレジットカード現金化だけに限らず個人情報というものは悪質業者が狙っている商品価値のあるものなのです。
現金化を利用する際も慎重に業者を選んだほうが賢明と言えます。

 
 

現金化業者は顧客情報の管理は問題ないのか?

現金化業者は顧客情報の管理に問題ないのか
クレジットカードのショッピング枠を現金化するための業者はたくさんありますが、その中には現金化業者を装い申し込みだけをさせて個人情報だけを抜き取る業者も実在します。
その業者はなぜそんなことをしているのかというと、クレジットカード現金化の利用者というのは多重債務者になる可能性が高い存在であり、お金を必要としていることは間違いありません。
そこに目を付けた闇金業者裏の名簿業者などが現金化に扮し顧客情報を集めているのです。
闇金からしてみたら現金化の利用者や現金化によってクレジットカードの返済に行き詰ってしまった人達は格好の餌食なのです。
むやみに申し込んでしまうと怪しいDMや営業電話が増える場合がありますので気をつけましょう。

 

顧客情報から詐欺の遭う可能性も

顧客情報から詐欺に遭う可能性も
悪徳業者に個人情報を抜き取られてしまって、売却されるだけで済んだなら幸運です。
多くの人はそれを元に詐欺に遭うことになってしまいます。
悪徳業者のネットワークにあなたの個人情報が流出すれば、騙されやすいと見做されて狙われることになるでしょう。
クレジットカード情報を悪用されてしまうかもしれません。
悪徳業者を利用するだけで、利用金額だけでなく他にも様々なデメリットが存在します。
身の安全を守るためにも、悪徳業者は利用しないようにしたいですね。

 

優良業者なら安全!

優良業者を利用すれば安全
クレジット現金化を利用すると必ずしも、個人情報が流出してしまうというわけではありません。
現金化業者自体が利用者の個人情報を流出するというのはほとんどありません。
なぜならその利用者の情報は現金化業者が顧客獲得に日々精を出して集めたお客様だからです。
どんな商売・サービスでも同様のことだと思いますがお客様は神様で利用者がいなければ商売は成り立ちません。
そのために高額な広告費をかけて営業努力を費やした大切な顧客データを危険にさらす訳がありません。
クレジット現金化を利用する上で、悪徳業者さえ利用しなければ個人情報の心配はいらないでしょう。

 

現金化サイトが無くなった場合

現金化業者サイトが閉店していた場合
現金化業者から個人情報が漏洩する可能性はありませんが、なんらかの理由で現金化サイトを閉めなければならなくなった時や現金化の業務を続けていけなくなってしまった時にこの顧客情報がどうなるのでしょうか。
経営不振で現金化サイトが無くなったり、摘発されるような現金化業者の可能性もありますので、珍しいことではありません。
現金化サイトがなくなるのと同時に顧客情報も消去されてしまえば問題ないのですが、他の業者に引き継いだり売られてしまうこともないとは言い切れません。
出来る限り現金化を利用したらその都度、個人情報を破棄してもらうしかありません。
それでも怪しい場合は名前以外の情報を全て変更するのが一番安全な方法だと思います。

 

結論

クレジット現金化顧客情報の危険性についてのまとめ
クレジット現金化以外のどのようなことでも個人情報の流出の危険性はあります。
個人情報の提出を迫られることの多い世の中なので仕方のないことでしょう。
個人情報の流出の危険を少しでも減らすやり方を選ぶことが重要です。
クレジット現金化に置いては、経営不振にもならず誠実な運営をしている優良業者を利用することで、個人情報の安全が保たれるでしょう。
無闇やたらに現金化業者を選ぶのは危険な行為です。
クレジット現金化口コミで選んだ理想の優良店】では、ユーザーの人気の高い話題の優良業者を6社紹介しています。
こちらの現金化業者を利用すれば安全なのは間違いありません。
契約内容もトップクラスの優良店なので是非、利用してみてください。

 

最終更新日:2017/08/19

このエントリーをはてなブックマークに追加