クレカ現金化の裏技

返品を使ったクレジットカード現金化の使い方とメリットを分かりやすく解説

投稿日:

お金がない・・・、どうしてもお金がほしい・・・。
でも、借金はしたくないし・・・。
それに、現金化業者を使うのは何だか怖いし、どうしよう。
>
突然ですが、あなたはこのようにお考えではありませんか?

審査なしで即日中にお金が用意できるクレジットカード現金化はとても便利なサービスです。

しかし、業者を使わなければならないことから現金化が使いにくいと思われている方もいることでしょう。

そこで、この記事では返品を使ったクレジットカード現金化についてご紹介します。

誰でもできる簡単な方法ですので、現金化業者が使いにくいという方はこちらを試してみてくださいね。

返品を使ったクレジットカード現金化のメリット

返品を使ったクレジットカード現金化のメリット

まずは返品を使ったクレジットカード現金化のメリットから解説します。

返品で現金化をすると、このようなメリットが上げられます。

  • 換金率が高い
  • カードが利用停止にならない
  • 誰でもできる

どれも利用者にとって嬉しいメリットと言えるでしょう。

それでは、それぞれのメリットについて詳しくお話いたします。

①.換金率が高い

換金率が高い

基本的に現金化には換金率があり、業者へ手数料を支払いますので70%~85%の金額しか受け取ることができません。

つまり、利用者は15%~30%の損をするってことですね。

しかし、この返品を使ったクレジットカード現金化は使ったショッピング枠がそのまま現金化されます。

そのため、換金率100%でショッピング枠を現金化できるのです。

クレジットカード現金化にはさまざまな方法がありますが、換金率100%で取引ができるのは他にはありません。

このことから考えても返品を使ったクレジットカード現金化の換金率は高いと言えるでしょう。

②.カードが利用停止にならない

カードが利用停止にならない

現金化の利用停止の危険性を解説!カード会社にバレるとどうなるの?』でもお話していますが、クレジットカード現金化は基本的にカード会社にバレてしまうとカードを利用停止にされてしまいます。

しかし、こちらの方法は商品を返品をするだけです。

そのため、現金化目的と思われずにカードが利用停止にされることはないのです。

もちろん、何度も返品をすればカード会社にばれてしまう可能性はあります。

しかし、急場のお金を凌ぐためであればカード会社にばれることはありません。

安全に現金化でお金を作れるのは大きなメリットですよね。

③.誰でもできる

誰でもできる

詳しい現金化の手順は後ほどお話しますが、こちらの方法は審査はありません。

従って、手順さえ知っていれば誰でも返品で現金化が可能です。

現金化業者を使うこともありませんので難しいと感じる取引も一切ありません。

誰でもできるのは安心感のある取引と言えるでしょう。

返品を使ってクレジットカード現金化をする方法

返品を使ってクレジットカード現金化をする方法

次は実際に返品を使ってクレジットカード現金化をする方法についてお話します。

と言っても、みなさんもお分かりのようにこの方法はとても簡単です。

  1. カード決済で商品を購入する。
  2. 後日、購入した商品を返品する。
  3. カード決済分の現金を受け取る。

たったこれだけで返品を使ったクレジットカード現金化は可能です。

要するに商品を返品するだけですね(笑)

また、この方法は返品を受け付けてくれる店舗でなければ成立しません。

ですので、この方法を使うときに使う店舗は

  • ドン・キホーテ
  • ユニクロ

といった返品を受け付けてくれる店舗を使うと良いでしょう。

こちらなら返品を受け付けてくれますし、全国に店舗がありますので「店舗がない!」なんてこともありません。

返品を使った現金化をするときはこちらの店舗を使うのがオススメです。

返品を使ったクレジットカード現金化の注意点

返品を使ったクレジットカード現金化の注意点

ここまでの記事で返品を使った現金化についてお分かりいただけたかと思います。

誰でも換金率100%で現金化ができるこの方法はとても魅力的ですよね。

しかし、どんなことでも同じように物事にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

そのデメリットを知らないで現金化をしてしまえば思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

返品を使った現金化の注意点を御話しますので実際に使うときはこちらのデメリットも知っておきましょう。

①.即日現金化はできない

即日現金化はできない

基本的にクレジットカードは決済した瞬間に請求が決まるワケではありません。

店舗のほうで3日間の猶予を持った上でカード会社に送信されて決済が確定いたします。

そのため、3日間待たなければ決済が確定されず、返品をしても現金で受け取ることはできないのです。

従って、即日中にお金を用意することはできません。

高換金率で現金化が可能ですが、スピードは劣ることを覚えておきましょう。

②.店舗に多大な迷惑がかかる

店舗に多大な迷惑がかかる

気にしない人もいるかもしれませんが、この方法は店舗に多大な迷惑が掛かります。

売れた商品を返品されるのですから当然ですよね。

また、カード決済をした場合、店舗はカード会社に手数料を支払うのですが、返品されてしまうと店舗はその手数料分を払い損となってしまいます。

そのため、わたし達が返品でクレジットカード現金化をするたびに店舗は損してしまうのです。

商品を返品するときはちゃんとした理由がなければかなり嫌がられてしまいますのでご注意ください。

返品を使ったクレジットカード現金化まとめ

返品を使ったクレジットカード現金化まとめ

いかがでしたか?

返品を使った方法なら高換金率で現金化ができます。

また、業者に電話することもありませんので安心して取引が可能です。

しかし、その反面、多くのデメリットもあるのも事実です。

気軽に現金化ができる方法ではありませんので、注意したほうが良いでしょう。

現金化業者を使うのが不安な方は口コミ評判の高い優良店を使うのもひとつの手です。

優良店であれば無料相談も受け付けておりますので、申込みをしても必ずしも利用する必要はありません。

正確な契約内容を聞いてから取引ができますので、業者に連絡するのが不安だけで即日中にお金が必要という方は現金化の優良店を使って取引をすることをオススメします。

現金化の優良店はこちらでランキングでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

現金化口コミから比較した優良店ランキング

-クレカ現金化の裏技
-,

Copyright© クレジットカード現金化口コミで選んだ理想の優良店【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved.