時には現金で支払いをした方が得になることもあります

クレジットカード払いより現金払いがお得

 

クレジットカード払いより現金払いがお得
通常、クレジットカードで買い物などをするとポイントやマイルを貯めることができるので現金で支払うよりもお得になります。
クレジットカードを持つメリットとして小銭などを持つ費用がない利便性とポイントが付与されるという点が大きいと思います。
クレジットカードを作る基準としてもそこを重点的に考えている方が多いのではないでしょうか?
確かにクレジットカードを利用したほうが得出来る場面も多いですが、実は現金で支払いをしたほうが得なケースもあるのって知っていましたか?

 

クレジット会社はどうやって利益を出しているの?

クレジット会社はどうやって利益を出しているの?
そういった利用者にとってメリットがあることを売りにカード会社も顧客を獲得し運営をしております。
カード会社はたくさんの顧客を抱え、ポイントを付与しているだけではもちろん利益はでません。
カード会社の収入源というのは利用者が買い物をするお店から決済金額の数%の決済手数料を徴収することによって収入を得ることができます。
反対にクレジットカードを決済できるお店というのは現金で支払うのとカードで支払うのでは内容が変わってきます。
クレジットカードの場合、決済手数料はもちろんかかりますし決済してからの締日と入金日まで日数がかかってしまうので中小企業や個人で経営しているお店では断然、即日でいただける現金のほうがありがたいのです。

 

電子マネーでも手数料はかかる

電子マネーでも手数料はかかる
最近ではクレジットカードだけには限らず、電子マネーという決済方法も普及してきました。
こちらは利用者にとってカードも現金もいらず携帯電話1つあれば買い物もでき、電車にも乗れてしまいます。
とても便利なものなのですがこれもクレジットカードと同じようにお店に置けば決済手数料を取られてしまうものなので、中小企業などには普及しておらず大手のコンビニエンスストアやスーパーなどでしか利用することはできません。
販売店としては、大手以外には喜ばれない支払い方法です。

 

現金払いでお得なパターン

現金払いでお得なパターン
大手の企業と違い個人商店や零細企業というのは現金商売が基本なのですが、中にはどうしてもクレジットカードで支払いたいという方もいるので泣く泣く決済代行会社から決済ラインを導入しています。
クレジットカードが多く利用されるお店の代表的なところでガソリンスタンドがありますが、特に個人経営でやっているガソリンスタンドには「現金大歓迎」などと書いてあるところが多く、現金割引される場合もあります。
会社からすれば、ガソリン代をリッター2,3円割引してもクレジットカードの決済手数料に比べればお得なのです。
利用者からしても得となりますので、個人商店や零細企業で買い物をするときは現金払いをオススメいたします。

 

結論

現金払いとカード払いの結論
クレジットカードで買い物をするとポイントやマイルが貯まりますので、利用者にとってとなります。
本来ならば決済手数料として数%取られてしまいますが、それも会社が負担している店舗ならば利用者が払うことはありませんのでメリットだらけです。
ですが、時には現金払いのほうが得することもありますので、現金とカードを上手く使い分けることが賢いカードの使い方です。
この決済手数料から中小企業や個人商店ではカードの取扱いを導入していない店舗も多いです。
クレジットカードは便利なものですが過信をしすぎるのは禁物なので、ある程度の現金は持っていたほうが良いでしょう。
クレジット現金化のイメージ
そんな時、現金が無い方にオススメの資金調達方法がクレジット現金化です。
クレジット現金化口コミで選んだ理想の優良店】では、人気の高い大手優良業者の他にクレジット現金化についての詳細情報を掲載しております。
こちらを読んでおけばクレジット現金化で失敗してしまうことは絶対にありませんので、是非参考にしてクレジット現金化を利用してください。

 

最終更新日:2017/10/03

このエントリーをはてなブックマークに追加