クレジット現金化商法に関する法律とは?

クレジットカード現金化商法に関する法律の動き

 

クレジットカード現金化商法に関する法律の動き
クレジット現金化商法という商売はクレジットカード会社が認めることはない、表向きのサービスではないことは周知の事実です。
違法ではありませんが、利用規約違反ではありますので堂々と営業とはならないでしょう。
数年前から摘発される業者はでてきたものの根絶に至る様子はなく動きも穏やかとなっています。
その決定的な理由としてはショッピング枠の現金化を規制する法律が特にある訳ではない為、今まで摘発された業者というのは法解釈を捻じ曲げ無理矢理捕まえたようなものなので、現金化商法が完全にブラックなのかというとブラックにほど近いグレーという位置にあるので法整備をしない限りなくなりはしません。

 

クレジット現金化が無くなる事はありません

クレジット現金化が無くなる事はありません
最近のニュースで毎日のように取り上げられている脱法ハーブ・危険ドラッグというのも名称からして法律的のもあいまいな部分で問題となっています。
しかし、クレジットカードのショッピング枠現金化と違い、脱法ハーブを吸引しての自動車運転による事故で死傷者も出ており社会問題化しています。
薬事法に関する法整備も急速に進められ危険性などを示す注意勧告もみかけるようになりました。
なぜクレジットカード現金化の法律は規制されず危険ドラッグの法律が整備されていくのかというと死者の出る重大事故などに繋がる危険性と利用した人から数%の手数料をもらう商売とでは重みが全然違います。
実際にクレジットカード現金化で逮捕された業者の判決はほとんどが執行猶予付きの判決が下っておりその点でもみせしめによる摘発のようにも思えます。
現状の流れからいってもこれからキャッシュバックに関する法律も商品買取に関する法律も規制される動きはなく、またトラブルが増加してきたら数社の現金化業者が摘発されるだけでニュースにも取り上げられることもないかも知れません。
これからも需要がなくなるサービスではありませんが、堂々と営業していても黙認されるようなニッチな商売になっていくのではないでしょうか?

 
 

 

現金化の法的な境界線

法律の境界線のイメージ
普通に人生を全うされる方で法律や条令の違反をしたことがないという方はまずおりません。
車を運転する方であればちょっとした信号無視や法定速度を超えてしまうことを一回もしたことない人はいないでしょう。
環状線のような大きな道路を法定速度を守って運転しているのは教習車くらいのもので一般的な人は流れに沿って迷惑にならないように走るのが常識のようにも思えます。
しかし法律的にいえば法定速度を少しでも超えてしまったら速度超過という道路交通法違反で取り締まり対象になります。
それを全て警察が取り締まるのかというとそういう訳ではなく特に危険なくらいスピードを出していなければ捕まることはほとんどありません。
現金化業者が逮捕されることもあるかもしれません
クレジットカードのショッピング枠現金化という商売も数年間でいくつかの業者が摘発されましたが現在は黙認のような状況なのか新しいターゲットを狙っているのか穏やかな状況にあります。
警察も報道も世間に対してクレジット現金化商法に対して「」のイメージを植え付けさせようとしているようで、ごくありふれた現金化業者は逮捕しないのではないのでしょうか。
去年に逮捕された正規金融業者が買い戻し偽装による現金化という内容でしたが、一般的な現金化業者よりも話題性に富み世間からの食いつきがよいネタという傾向が強いです。
これによりキャッシュバック方式と返金式の現金化業者が逮捕されたことになり、この手口であればいつでも逮捕できるような状況になりました。
残る商品買取の現金化業者ですが、こちらの場合は貸金業法違反で立件することは困難でトラブルや被害がでても罪に問うことはできません。
その理由から街でも堂々と店舗を構えて営業しているのですが、これから目に余るほどのトラブルが続けば古物の許可も取り下げられクレジットカード会社から利用者と共に詐欺罪で訴えられるという切り札を使われてしまうのではないのでしょうか。
現段階で現金化サービスは境界線を越えてしまっている可能性はありますがそこまで問題視されている訳ではないのですぐになにかが変わることなく利用できると思います。

 

結論

現金化商法に関する法律の結論
逮捕された現金化業者が出たことによって、今後法律違反の方法となってしまう可能性が出てきてしまいました。
しかし、警察も現金化サービスを排除しようとしているのではなく、見せしめとしても意味合いが強い逮捕でしたので、今後すぐに利用できなくなるといったことはないでしょう。
いつ法的な境界線が変わってしまうのかは解りませんので、少しでもリスクを減らすために違法な行為をしている現金化業者の利用を避けなければなりません。
優良業者を使っていれば、警察に真っ先にターゲットにされるといったことも無くなるでしょう。
正しい知識を持った上でクレジット現金化を利用すれば、より安全な方法となるはずです。
クレジット現金化口コミで選んだ理想の優良店】に掲載されている様々な知識を身に付けておくことが、万が一の時の対策となるのではないでしょうか。
トップページに優良業者ランキングも掲載しておりますのでそちらも併せて、皆さんのより良いクレジット現金化をするための参考にしてください。。

 

 

 

 

最終更新日:2017/10/03

このエントリーをはてなブックマークに追加