クレジット現金化でも消費税の影響はあります

クレジット現金化の消費税は当然?

 

クレジット現金化にも消費税はかかります
2014年4月より消費税率が5%から8%に上がり消費者の負担は増加しました。
物価の上昇が進み、更に来年には消費税率も10%となり国民の生活はまだまだ楽になることは難しいです。
生活の助けとなるクレジット現金化にも消費税増税にも影響はあるのでしょうか?
実は、クレジット現金化でも消費税が掛かってしまうのです。
現金化サービスの種類によってかかることとかからないことがありますので、消費税を計算に入れて取引を進めなければ理想の換金率での取引ができませんよ!

 

クレジット現金化の消費税は何故かかるの?

クレジット現金化に何故消費税がかかるのか
クレジットカードのショッピング枠の現金化という行為の本質的なところは一般の商取引や商品の売買になりますので必然的に影響してきます。
商品売買の成立の際に消費税が掛かってしまうのは当然だと言えるでしょう。
増税前の一例を出しますと10万円の商品を購入して、換金率が90%だったとします。
その場合、単純計算で9万円が送金額になりますが決済される金額が105,000円となってきます。
しかし、今度からは8%ととなりますので108,000円かかることになってしまいます。
消費税が10%となれば、110.000円です。
この差額は回数を重ねれば重ねるほど、大きな金額となっていくでしょう。
現金取得方法として便利なクレジット現金化ですが、国民の生活が楽になる日はまだ遠そうです。

 

現金化業者の税抜き表示の罠

クレジット現金化の税抜き表示の罠
今回の税率変更から商品に表示価格は税抜きでの記載でもよくなりました。
そのため、多くの現金化業者はこの税抜き表示を悪用して、誇大広告の換金率を提示しています。
クレジット現金化を利用する際にも消費税はかかってきてしまうものなので、計算しながら利用しなければ大きな負担となってしまいます。
たかが3%の数字でも何度も利用していれば大きな金額になっていくものなので、その分なるべく高い換金率のクレジットカード現金化を見つけることがお得な方法といえるでしょう。
高換金率で取引ができるお店を見つけられれば、消費税が変わっても今まで通りの換金率で取引ができますよ。
日本経済の負債のイメージ
日本経済は今まで積み上げた負債を国民の税金から徴収するしか方法がありません。
身近な話ですが、各種手数料や煙草税や消費税がどんどん上がっていっても全く生活はよくならず苦しくなるばかりです。
正直なところ払わなくていいのであれば消費税なんて絶対に払いたくないのが本心です。
増税された分を何に利用して何で還元してくれるのか明確に提示して納得いくのだったら払ってもいい話なのですが、ただお金を巻き上げられるようで国にカンパしてるようにしか感じません。
こんな日本経済はいつになったら希望の光が見えてくるのでしょうか?

 

現金化に関するその他の消費税の影響

クレジット現金化に関するその他の消費税の影響
クレジット現金化サービスというのは何らかの商品をクレジットカードのショッピング枠を利用して購入するため消費税はかかってしまいますが、消費税増税によりそのほかの諸経費などにも影響を及ぼしております。
まず送金するのにかかる費用として銀行の振込み手数料は各銀行や信用金庫などに異なりますが値上がりしているのはみなさんもご存知のことかと思います。
振込み手数料は増税により値上がりしましたがATM手数料も微々たるものですが値上げされています。
もう一つは購入した商品を発送するための送料も増税と共に値上げされました。
消費税の増税というのは、ありとあらゆるものやサービスの価格が上昇してしまうので、消費者は何をするにも厳しい状況が続きます。
まだまだ日本国民全体には景気回復の兆しは見えず明るい希望は持てません。
今は苦しくてもクレジット現金化サービスなどを頼り生き抜くしか道はないのでしょうか。

 

結論

クレジット現金化の消費税についての結論
しかし、その頼みの綱のクレジット現金化サービスも消費税が10%となってしまえば更に厳しいこととなってしまいます。
全体的に値上げをすることになりますので、他に手段もなく苦しい思いをすることになってしまうでしょう。
消費税が10%になる前に、準備をしておくことでこの不況を乗り切ることが出来ます。
その準備とは、今以上に高換金率で即日入金をしてくれる安全な優良店を探し出しておくことです。
そういった現金化業者をキープしておけば、消費税が増税しても被害を限りなく少なくすることが出来るでしょう。

 

その高換金率即日入金な優良店を当サイトでも紹介しておりますので、こちらを参考にして備えてみてはどうでしょうか?
1つだけでなく、複数利用しておくことで安定性もあがると思われますよ。
どこもユーザーに人気な有名業者なので、悪徳業者の心配もなく利用できることでしょう。

 

最終更新日:2017/08/19

このエントリーをはてなブックマークに追加