クレジット現金化サービスの仕組みを解説いたします。

クレジット現金化サービスの仕組み

 

クレジット現金化サービスの仕組み
手軽で安全に現金を取得できる方法として人気の高いクレジット現金化ですが、その仕組みについてはご存知でしょうか。
安全に取引が出来るのには実は仕掛けがあったのです。
その仕掛けを行なっていない悪徳業者もいるため、仕掛けを知っていなければいつの間にか危ない現金化になっているかもしれませんよ。
安全な現金化を利用し続けるためにも、現金化サービスの仕組みについて詳しく知っておきましょう。
取引が安全に出来る仕組みをお伝え致します。

現金化が安全な理由

現金化が安全な理由
クレジット現金化には様々な種類がありますが、どの方法を用いても結果的には利用者の手元に現金が残ります。
この利用者が現金を手に入れるまでの過程は種類によって違います。
キャッシュバック式であれば、現金化三店方式を採用しておりますので別の通販サイトでキャッシュバック付きの商品を決済し、現金化業者から入金が行われます。
商品買取式は、利用者に指定した種類の商品を買ってもらい、それを買い取ることで買取金額が利用者に振り込まれます。
この2つの方法には共通点があり、どちらもそれを守っているため安全な取引が可能となっています。
それはどちらも貸金業ではなく、別の形を取って利用者に現金を渡しているという点です。

クレジット現金化は融資なのか?

クレジット現金化は融資なのか?
クレジット現金化は借金なのかという声があがってきていますが、実は借金ではありません。
確かに現金化サービスを利用すると、消費者金融やキャッシングのようにお金を手にすることができるので現金化業者からお金を借りているように思われがちですがこれは間違った解釈になります。
現金化の方法によって異なってきますが、現金化サービスの斡旋及び仲介など、金券ショップのような買取業者やキャッシュバック商品の通信販売業者に当たります。
従って、現金化業者にお金がを借りているワケではなく、カードで購入した商品を売却したお金が入金されることになります。
借金ではなく、効率的な転売だという考え方が正しいのです。
これならば貸金業ではないため、クレジット現金化が違法となることはないでしょう。

利用者の行動によって犯罪になることも

利用者の行動によって犯罪になることも
現金化業者にお金を借りているわけではありませんので、クレジット現金化には何ら法律的な問題はありません。
しかし、どの方法でも商品売買の成立の上で成り立っている現金取得方法です。
もし、この商品売買が成立していなかったとしたら警察に「商品取引を偽装した融資」と見られても仕方ありません。
多くの現金化業者はそのようなことがないように気を使っていますが、この商品取引の成立は利用者の行動によって不成立となってしまうこともあります。
その行動とは、現金化業者から送られてきた商品を受け取らなかったり、クレジット会社への返済義務を延滞するなどの行為です。
この2つを守らないのは極めて危険です。
現金化業者のみならず、利用者まで危害が及ぶこともありますので、絶対に守らなければなりません。
利用者の信用情報に傷が残るだけでなく、カードの停止や犯罪となる恐れがありますので注意してください。

 

現金化サービスに貸金業法が適用されてしまった逮捕例

現金化サービスに貸金業法が適用されてしまった逮捕例
クレジットカード現金化サービスは貸金業法にはあたらない正規の商取引のはずなのですが2011年にクレジット現金化業者が初摘発されてしまいました。
内容としてはキャッシュバックによる現金化方法だったのですが、現金化業者の以前に貸金業を行っていたことと購入した商品を2回目以降は送付していなかったことが決め手だと言われております。
摘発された現金化業者も「逮捕されるとは思わなかった」といっておりましたが、今まで現金化での逮捕者はいないので寝耳に水の出来事だったと思います。
この1件から現在まで数件の現金化業者が逮捕されてきましたが、ある法律の専門家の意見としては「商品を毎回送付する」「商品を利用者が選んで購入する」「価値の選別が困難な商品(絵画や骨董品など)にする」などの対策をしてしまえば違法と見なすのは難しいと言われております。
こちらの業者も「事実上の高利貸し」と見られてしまったため摘発という結果になりました。
商品売買の成立もしておらず、利用者の意思に関わらず高額な商品を買わせていたそうです。
これでは実質的な闇金だと思われても仕方ないでしょう。
このような現金化業者を利用すると、警察による摘発に巻き込まれる可能性もありますので絶対に利用しないようにしてください。

 

結論

クレジット現金化サービスの仕組みの結論
クレジット現金化が安全な手段なのには理由があります。
数々の条件の元成り立っているサービスなので、利用者の手によって危険な手段としてしまわないように正しい方法で現金化を利用しなくてはなりません。
また、数々の摘発が起きているのにも関わらず未だに事実上の闇金と見られるような手法で現金化をしている業者もいますので、そういった業者とは取引をしないように気をつけましょう。
普通の現金化業者でも事は足りますが、より安全を期すためにもクレジット現金化口コミ優良店の利用をオススメいたします。
営業開始してから何年も経っている老舗の優良業者ならば、摘発されることもなく安全な取引ができるでしょう。
高換金率で取引できますので、利用者にとっては一石二鳥と言える現金化業者です。

 

最終更新日:2017/10/03

このエントリーをはてなブックマークに追加