クレジット現金化は事業経営者の資金調達にも最適!

クレジット現金化は資金調達としても役立ちます

 

クレジット現金化は資金調達としても役立ちます
クレジット現金化は例え少額の利用金額からでも活用できることから多くの人に人気のサービスです。
多額の利用をしてしまえば、支払いがキツくなってしまいますので毎月生活の足しとして利用している人が多いでしょう。
しかし、このクレジット現金化は実は事業経営者の資金調達としても適した方法なのです。
実際に私も自営業の中で、何度もクレジット現金化で資金を調達してきました。
そのクレジット現金化が事業経営者に向いている理由をお話致します。

 

今までの事業経営者の資金調達方法

今までの事業経営者の資金調達方法
事業経営者や運営会社が会社の運転資金を確保するために資金調達を行なっています。
企業や組織というのは全ての支払いや給与などを売り上げから賄えるとは限りません。
そのときに集金できる金額も幅がありますし、設備投資にまとまった金額が必要な場合があります。
そういった時には、基本的に銀行や信用金庫からお金を融通してもらうのが良いというのが通常なのですが、銀行の融資は審査に時間がかかり審査自体も甘いものではありません。
以前までの資金調達方法は現実的には難しい
ではどんな資金調達方法なら急場にも対応することができるのかというと、一般的に知られているのは消費者金融ノンバンクといわれる中小企業専門の金融会社です。
消費者金融というのは普通はサラリーマンやOLなどの会社員が借り入れをする会社なので自営業に方を好む傾向はありません。
中小企業の事業主というのは固定の収入はなく会社の売り上げにより収入が大きく変わってくるので毎月月末に何万円という返済方法には不向きと考えられています。
それに比べ、ノンバンクは中小企業向けなので収入と支出のバランスを見てまとまった金額を出してくれるので自営業の方には便利かと思います。
しかし、どうしても金利は高くなってしまいますし、そもそも安全性を確認するのが難しいためハイリスクな手法となってしまいます。

 

そういった時にクレジット現金化

そういった時にクレジット現金化
銀行に借りることが出来なければ、高い金利を払わなければなりません。
またどちらの方法にも審査がありますので、利用できない人もいるでしょう。
そういった時に最適な現金取得方法がクレジット現金化なのです。
誰でも利用することが可能で即日できる資金調達方法として事業経営者の中でも人気が高まってきています。
このクレジット現金化サービスを使えば、クレジットカードのショッピング枠の利用範囲を現金化することが可能です。
審査がいらず、クレジットカードの利用限度額までは現金を引き出すことが出来ますので、ローンを組むより手軽に利用することができます。
また、借り入れの記録も残りませんので将来的に店舗に不利になることは一切ないのも大きなメリットです。

 

クレジット現金化を利用するための条件

クレジット現金化を利用するための条件
この事業経営者にとって都合の良い資金調達方法のクレジット現金化ですが、1つだけ利用するための条件があります。
それはクレジットカードを持っていて、ショッピング枠にまだ空きがあることです。
大抵の人は一般的な収入があれば、カードは持っているでしょうが残念ながらショッピング枠を現金に変える方法なので使い切ってしまっている方は利用することができません。
返済を行なったり新しいカードを作るなどの行動が必要となりますのでご注意ください。

 

法人カードだと通常より得!

法人カードで現金化を利用する人のイメージ
事業経営者がクレジットカードを持っている場合、大体は法人カードなのではないでしょうか。
この法人カードですが、クレジット現金化業者の中には法人カードの利用だと換金率を高くしてくれる業者もいます。
高いところだと5%ほど上げてくれますので、数十万という多額の利用をする事業経営者にとっては大きなものとなるでしょう。
自営業の方でも法人としてクレジットカード会社と契約することができ、法人カードを使用することができます。
これは法人カードを持っている人だけの特典なので、より資金調達として適した方法だと言えるでしょう。

 

結論

クレジット現金化の資金調達の結論
このようなクレジットカードがあれば利用できる資金調達方法のショッピング枠現金化のメリットとしては審査の必要はなく、誰でも利用することができ、即日資金調達することが可能なサービスです。
しかし、法律的にはグレーなサービスとされている傾向があります。
その背景としては利用者の目的として資金調達の方法としてクレジットカードのショッピング枠を使用することをクレジットカード会社は認めておりません。
なのでショッピング枠現金化はカード会社の利用規約に違反した実質的な高金利の融資とされた摘発例があります。
もちろん摘発された業者にはそれ以外の何かがあったのかもしれませんが、表向きには「違法行為」という印象が強くあります。
それでも違法ではないという意見や手口を修正すれば合法になるという捉え方もあり、ショッピング枠現金化サービスは廃れることはないといわれております。
まだまだ需要のあるサービスですが、今後も変化しつつ続いていくサービスと言えるでしょう。
高換金率の優良業者を利用すれば資金繰りを楽にすることも出来ますので、事業経営者の方には非常にオススメの方法です。

 

最終更新日:2017/08/19

このエントリーをはてなブックマークに追加