資金調達コラム

2014年10月現金化業者逮捕

投稿日:

指輪や貴金属などの販売を装ってクレジットカードで決済させ、違法な利息で金を貸していたとして、ネット通販会社の元社長・桶屋雅史容疑者(33)ら5人が逮捕された。桶屋容疑者は742人に同じ手口で貸し付けを行い、4億円余りの違法な利息を得たとみられる。
最近ではなかなか世間の話題に挙がることの無かったのですが、 警視庁生活経済課は31日、元経営者ら従業員の男女合わせ5人を出資法違反の疑いで逮捕されました。
以前にもニュースに挙がった罪状と全く同じで、以前は還元式の仕組みを利用していた業者の事件でしたが、今回は買取式と呼ばれる仕組みを利用していたところで、買取式なら大丈夫と考えていた業者でも目的が同じであれば変わりが無いと言う事になりましたので、 この方式を取っている業者を利用しているところも今後取締が強化されていくことになるでしょう。
逮捕された経営者は、過去10年以上前にヤミ金融の営業で逮捕されていた事も明るみとなり、 今回逮捕された一件と同様に経営者や法人役員を狙ってお金を貸し付けていたようで、 公安委員会の許可番号を取得して表向きは質屋を偽装して営業していたようです。
このように例え公安委員会から古物商の許可番号を取得していたとしても、 その業者が優良である保証をされていない事が分かりますので、当該者の事業内容をしっかりと見極めを行っていない為に、 このような業者に対しても許可番号が発行できてしまうという事の現れです。
商品の買取や質に入れたモノを担保にお金を手にする場合では、 どのようにして一般的な質屋と偽装質屋を見抜けば良いのかなかなか想像が付きにくいのではないでしょうか? 世間一般的な認知が低い事に、特に高齢者をターゲットに年金手帳を担保にする業者まであるようです。
しかし、質屋では高価値の品物を預かる事が多いので、鑑定や保管の事を考えられていることから、貸金業を超える金利が法律で認められているのですが、一般的な質屋では預け入れたモノの価値以上を超える金額を貸し付けてはいけないことになっておりますので、 おそらくは、偽物の指輪などを利用して買取業務を行ったものと考えられ、今回上記のような業者が検挙されたものと推測が出来ます。
さらに、営業されていた店舗について調べてみるとインターネット上での集客は見当たらず、 名簿業者から情報を入手して電話営業やチラシをFAXで送りつけて融資を宣伝し、 4年間で全国約700人に対して貸付を行っていたとの報道がありました事と、口コミや比較サイトでは掲載されないような悪徳業者だったようです。
利用者の検挙については、まだ一度もニュースになったことは無いようですが、 今回、話題になった業者を利用していた人たちがもし同意の上で偽装質屋と知っていてショッピング枠現金化を利用していたとすれば、クレジットカード会社から何らかのペナルティがあるの事も考えられます。

-資金調達コラム
-

Copyright© クレジットカード現金化口コミで選んだ理想の優良店【2018年最新版】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.