クレジット現金化の世間一般のイメージはどうなの?

クレジットカード現金化の世間一般からみたイメージ

 

クレジット現金化の世間一般のイメージ
徐々に普及し始めたとはいえ、未だにクレジットカード現金化を知らない人は多いです。
これから先どんどん利用者は増加していくとは思いますが、今現在のイメージは悪いものとなっているでしょう。
そんな世間一般的なイメージとは違い、クレジット現金化は違法でもなければ怪しいサービスではありません。
勘違いをしている人も多いと思われますが、これからのことを考えれば勘違いを直しておいたほうがいいかもしれませんよ!

 

クレジットカード現金化って何?

クレジット現金化ってなに?
そもそもクレジットカード現金化とは一体何でしょうか。
最近インターネット等でクレジットカード現金化という字をよく目にするけども「一体何なのかよくわからない」という人も少なくないと思います。
クレジットカード現金化とは、クレジットカードに含まれるショッピング枠を使ってクレジットカード現金化業者が指定するキャッシュバック付き商品を購入し、その購入代金に応じて同様に各クレジットカード現金化業者が規定しているキャッシュバック率に基づいた現金がカード利用者指定の口座に振り込まれるといったサービスです。
当然、クレジットカードを利用して現金を得ているのでカード会社の決められた日付には払わなければなりませんが、今すぐ必要といったことに現金を間に合わせることができます。
気軽に現金が手に入る方法として、今人気を博しているのです。

 

合法?違法?クレジットカード現金化の気になること

クレジット現金化の世間一般のイメージ
クレジットカード現金化はいわば一種のキャッシング、資金融資です。
ここで得られる融資の金額はクレジットカードのショッピング枠の残りを上限に、購入する商品の金額並びにキャッシュバック率によって異なります。
クレジットカード現金化に関しては、初めて利用するに当たって多くの人が疑問を持っています。
キャッシングということですが、その疑問の代表的な例がクレジットカード現金化を利用しようと思う側は、クレジットカード現金化を取り扱っている業者とは即ち貸金業・金融機関なのだろうということです。
貸金業と聞くとやはり怪しげな響きを伴いがちなのでこういった疑問を持つことになります。
ですが、実はクレジットカード現金化サービスを行う業者は貸金業ではなく、実は通信販売業という分類になるのです。
通信販売業であれば、amazonなどで買い物をしたのと一緒なので犯罪になることはありません。

 

現金化が通信販売業となる仕組み

クレジット現金化が通信販売業となる仕組み
クレジット現金化のシステムとしてはカード利用者(即ち消費者)が、クレジットカード現金化業者の指定する商品を購入し、その特典として現金を還元してもらっているからです。
クレジットカード現金化業者がカード利用者の購入した商品を後で買いとるわけでもありません。
ここが複雑でわかりにくいところですが、それゆえクレジットカード現金化サービスは一種の通信販売といえるわけです。
この現金化サービスは「不当景品類及び不当表示防止法」という法律の中の「もれなく型」に該当します。
通常の景品提供であればその最高額は総取引額の10%以下に規制されていますが、「もれなく型」に該当するキャッシュバックは例外的な景品となるため取引額の10%以上を合法的に提供することが可能になります。
これに関しては家電量販店などでよく行われているキャッシュバックをイメージすればよいでしょう。

 

クレジット現金化には審査が必要なし!

クレジット現金化には審査が必要なし
ここが通常の消費者金融とは異なるところです。
別の疑問としてクレジットカード現金化業者の店舗に出向いて審査を受ける必要があるのか、ということがあります。
特に地方に住む人にとっては、クレジット現金化業者に店舗に出向くことは相当な負担になるはずです。
ですがこれも必要ありません。
多くのクレジットカード現金化業者はオンラインで全ての手続きを行っており、日本全国どこにいても融資が受けられるようになっています。
インターネットを使える環境が有りさえすれば利用可能なのです。
勿論店舗を構えているクレジットカード現金化業者に直接出向くことも可能です。
その場合多くはその場で現金を受け取ることができ、また返済のために再度来店するといった必要はありません。

 

クレジットカード現金化の仕組み

クレジット現金化の仕組み
クレジットカード現金化はその性質上、クレジットカード現金化業者の指定する店で商品を買うことになります。
ではその商品は必ず受け取らなければならないのでしょうか。
多くの利用者は最終的に手に入る現金が欲しいだけなので、商品はいらないと思われていることでしょう。
しかし、現金化業者から配送された商品を受け取ってからでないと決済ができないようになっています。
配達時決済の場合は、クレジットカード現金化を申し込んでから数日後商品が届けられた際の決済が行われ、お金が指定口座に振り込まれます。
クレジットカード現金化業者によっては商品受け取りを必要としないところもありますが、そういった現金化業者を利用するのは危険です。
その現金化業者は摘発される可能性がありますよ。
摘発されても利用者が逮捕されることはありませんが、トラブルに巻き込まれることになりますので、自分からトラブルに突っ込んでしまわないようにしなければなりません。

 

クレジット現金化口コミで選んだ理想の優良店】でも、違法なサービスを行なっていない安全な優良店を紹介していますので、そちらを利用することでトラブルを避けることができるのではないでしょうか。

 

 

 

 

最終更新日:2017/08/19

このエントリーをはてなブックマークに追加