ショッピング枠現金化ガイドブック

クレジット現金化ガイドブック

クレジット現金化ガイドブック

クレジットカードのショッピング枠現金化を行うサイトは現在300社以上存在するといわれております。その数というのはインターネット上にあるサイト数の想定であって店舗型の現金化業者や店舗やサイトを持たずに営業している現金化業者は未知数です。
クレジットカードのショッピング枠現金化には方法や事業内容によって様々な種類に分類することができ別々の特徴を持っています。いずれにしても「絶対に安全」ということはなく、法律的にはグレーゾーンともいえますが中には悪質な業者も存在していますので利用する際はしっかりと見極めることが重要です。


 

クレジットカード現金化の注意点

「クレジットカードのショッピング枠現金化」 で検索すると今や数多くのショッピング枠現金化業者が検索結果に出てきます。実績もあり、優良店舗として運営を続けている業者も多数あるなか、やはりクレジットカード現金化の人気にあやかって甘い汁をすすろうとする悪徳な業者も存在するのが残念ながらクレジットカード現金化業界の現状です。

もちろんこの現金化ガイドブックにはそんな悪徳業者は掲載してませんのでご安心下さい。

それでも一応ここでは、悪徳業者に騙されることが無いようにいくつか注意するべきことをお伝えさせていただきます。

まずは現金化業者のホームページを見て、会社情報がきちんと掲載されているか確認しましょう。
会社住所、電話番号、代表の名前、創業年月日など最低限の情報だけでも確認できなければ非常に怪しいですね。きちんと掲載されてないようであれば本当にそんな会社があるかどうかも信じられません。何かあっても連絡が取れないようでは話になりません。

会社情報があることは現金化業者を選ぶ際の最低条件です。

次に絶対に避けていただきたいのは、「カード」の郵送です。

クレジットカードを渡すなんてトラブルの元、もってのほかです。全くそんな必要はありません。写真ならまだしも、郵送して実物を送れなんて業者がいたら詐欺と断定してかまいません。

絶対に利用は避けましょう。また、暗証番号をいきなり聞いてくる業者もいるみたいですが、
暗証番号もクレジットカードの現金化には不必要です。聞いてくるようなことがあれば利用は避けましょう。

利用者にとって迷惑な話をここでひとつします。
詐欺を働くのは悪徳業者だけではなく、どうやら利用者側にも存在するようです。他人のカードを本人に成りすまして利用したりする詐欺が後を断たないと現金化業者も頭を悩ませている模様です。そんなこともあり、現金化業者によっては本人確認をしっかりやってからじゃないと利用できないところも出てきています。利用をするにあたり身分証等が必要になることは前もって理解が必要です。
とは言え、郵送の必要や暗証番号は要りませんのでそこは注意してください。

まずはきちんと話をしてみて信用できる業者と取引をしましょう。


安全に利用できるクレジットカード現金化口コミ優良店ランキング

最終更新日:2017/10/03

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ショッピング枠現金化ガイドブック記事一覧

現金化ガイドブック2017年総評

2014年も残すところ一ヶ月程となり今年の流行語大賞や今年一年に起きた様々なニュースが読み返される頃となってまいりました。2014年という一年の中での総評として思い出にに残ることや失敗してしまったことなどいろいろな事や変化があると思います。クレジットカード現金化業界も少なからず変わりつつあります。今年に入ってからは一般的なクレジットカードのショッピング枠現金化サイトだったところが次々にアマゾンギフ...