クレジット現金化を利用した人が自己破産をするために注意すべきポイントまとめ

クレジット現金化の利用者が自己破産するときの注意点を解説!

クレジット現金化をした人が自己破産するときの注意点まとめ

 

あなたは借金がどうしても返せなくなったとき、あなたはどうしますか?

 

一時的にお金を用立てるのにはとても便利なクレジット現金化ですが、何の計画性もナシに使い続けていれば借金が返済できなくなってしまうのはカンタンに予想できますね。

 

そんなどうしてもお金が返済できなくなったときに誰もが考える手段が『自己破産』です。

 

一生涯、記録が残り続けると入っても借金が無くなるのならありがたいと考える人も多いのではないでしょうか?

 

ですが、クレジット現金化には不穏な情報もありました。

 

それは、クレジット現金化を利用したことがあると自己破産をすることができないというものです。

 

はたして、クレジット現金化を利用すると自己破産ができなくなるというのは真実なのでしょうか?

 

その理由はクレジット現金化が免責不許可事由に該当することにありました。

 

クレジット現金化は免責不許可事由に該当する

クレジット現金化は免責不許可事由となる

 

クレジット現金化は、「クレジットカードで購入した商品を著しく安値で売却した」となりますので免責不許可事由に該当します。

 

免責不許可事由とは、借金の最大の目的である借金の免責が認められない借金の理由のことです。

 

つまり、自己破産をしたとしても支払い義務は残ってしまいますので、自己破産をする意味がなくなってしまうのです。

 

このことから「クレジット現金化を利用すると自己破産ができなくなる」と言われているのですね。

 

とはいえ、クレジット現金化をしたことが裁判所にバレなければいいのではと思われる人もいるのではないでしょうか?

 

たしかに、発覚しなければ免責不許可事由にも該当しませんので、自己破産は可能なように思えます。

 

では、実際はどうなのか一緒に見て行きましょう。

 

裁判所にナイショにしておけば大丈夫?

クレジット現金化は裁判所に黙っておけば問題ない?

 

結論から言いますと、裁判所にクレジット現金化をした事実が知られなければ自己破産は可能です。

 

クレジット現金化は、商品を購入した代わりに現金を得ます。
そのため、あとからショッピングの履歴を見ても、それが現金化なのか普通の買い物なのかの判別をつけることができないのです。

 

結局は自分にクレジット現金化の意思があったかという話になりますので、「いいえ、現金化の意思はまったくありませんでした」とハッキリと答えればいい話です。

 

とはいえ、このときに『新幹線の回数券』などの明らかにクレジット現金化に使われる商品を購入してた場合はバレてしまう可能性もあります。

 

自分の住んでいる町とは無関係の路線の新幹線の回数券を購入してたら怪しいですよね。

 

もし、虚偽の報告がバレてしまった場合、それも新たな免責不許可事由となりますので、気をつけましょう。

 

クレジット現金化は自己破産できる

クレジット現金化は自己破産ができる!

 

いかがでしたか?

 

クレジット現金化は自己破産の免責不許可事由に該当します。

 

そのため、自己破産をしても借金が無くなることはないのです。

 

しかし、これは裁判所にクレジット現金化の事実がバレてしまった場合の話です。

  • ブランド品
  • ゲーム機
  • 金券・商品券
  • 新幹線の回数券

このような換金性の高い商品を買っての現金化をしてたのなら怪しまれてしまいますが、キャッシュバック方式の現金化を利用していたのであれば裁判所に現金化が発覚することはありません。

 

自己破産をする予定がなくても、高額な出費や不景気によって自己破産になってしまう可能性はだれにでもありますので、リスクを避けるためにもキャッシュバック方式での現金化を利用するようにしておいたほうがいいでしょう。

 

また、キャッシュバック方式の現金化をするのであれば、『和光クレジット』がオススメです。

 

和光クレジットは換金率も高く、入金スピードが早い、接客態度も優良と2017年を代表する優良店です。

 

口コミでの評判も高いので『和光クレジット』であれば必ず後悔することなく現金化を利用することができますよ。

 

現金化業者の比較にお困りでしたら、ぜひ利用してみてくださいね。

 

和光クレジットの詳細ページのこちら

最終更新日:2017/10/03

このエントリーをはてなブックマークに追加